木斛邸の魅力
歴史と風格薫る大正屋敷
健軍の杜 木斛邸(たけみやのもり もっこくてい)は、大正元年に建造された豪商水野家のお屋敷。京都から職人を招き、今では入手困難な希少建材を随所に駆使し建てられた、熊本では希少な本格日本邸宅で、通常はお屋敷レストランとして営業しております。
昭和60年、小代焼再興に尽力した近重治太郎氏が2年もの歳月をかけこの地に移築し、忠実に復元されました。
お二人のスタイルに合わせた結婚式が実現するのは、日本古来の婚礼様式と現代のハウスウエディングが融合した、丸ごと貸し切りの「お屋敷ウエディング」だからこそ。
その歴史と風格薫るお屋敷をレストランやギャラリーを備えたスタイルにリノベーションしています。邸内の天井には当時の繁栄を物語るどっしりとした梁が渡され、アンティーク調度類が落ち着きのある雰囲気。店内入口のギャラリーが見れる土間スペースや四季を感じる中庭をはじめ、別館のパーティー会場、個性ある各個室など設備も充実し、古き良きものと新しいものを絶妙にブレンドした現代的和テイストの贅沢なWスペースになっています。

  • ページトップ
  • 店名に相応しい御神木「木斛の木」が見守る
    木斛邸のガーデンには、御神木として木斛の木が、荘厳かつ凛とした風情を漂わせています。婚礼の儀式はもとより、結納、両家顔合わせや各種お祝い事での皆様の集い、語らいの場となり、記念写真の絶好のポイントとして、記録に残り、皆様の記憶に留まる事でしょう。
    お二人と大切なゲストの佳き日の幸せな記憶を共に分かち合う、贅沢なひととき「お屋敷ウエディング」。皆様の大切な一日を木斛邸がご一緒にお作り致します。

  • ページトップ
  • お問い合わせ・資料請求 メールでのお問い合わせ